8年ぶりに

見て見ぬ振りで、もう6月。
毎日のクロの散歩やついつい日焼け止めも塗らずの生活にすでに腕真っ黒。白い華奢な、、とは程遠い。健康的といえば聞こえはいいけど、もう少し女性らしくしたいところ。
友人に作ってもらったお花のピアス(かぎ針で編んでてとってもカワイイ)も付けたいな。そんな気分です。
で、もう限界の伸びっぱなしバサバサの髪。やっとこさカットに行って来ました。かれこれ8年ぶりの美容室へ。元々美容室のあの雰囲気、ばっちりセットして次々に人が変わって同じ話して…みたいなの、苦手で。
いつからか自分で切ったり、ここ数年はりょさんに切ってもらったり、めっきり行かなくなっていた。基本、前髪なしのロングヘア。ほとんどお団子だし、まっすぐ切って少しすく程度。
でも今回はちょっと前髪作ろうかなぁ、少し変えたいなぁ、バッサリ切る勇気はないものの気分転換したいなぁ、なんて。それならやっぱりプロの人にお願いしなくては。となったわけ。で、8年ぶり。
何年か前に星ヶ丘のSEWING TABLE COFFEEで青空床屋の存在を知り、なんか面白そう。どんな人かもよく知らないけど、なんとなく切ってもらうならこの人がいいなぁ。ってぼんやり思い
そうこうしてたら…気づけば閉店してしまってて。。またどこかでしてほしいなぁ。ひそかにその日を待っていたのである。(笑)
そして今年の3月に京都左京区でお店を構えたそう。出町柳の駅でレンタサイクルして、下鴨神社を通りすぎ、閑静な住宅街の一角にそのお店はありました。ピラカンサというお店。
e0125889_211299.jpg

お店の前は疏水があり緑がいっぱいで。
大きな窓が壁一面に、アトリエのような素敵な空間。

e0125889_211112.jpg
このソファで本気で寝てしまう人もいるみたい。
店主の林さんもとっても自然体で話も面白くて。カットをしに来ているのに立ち話30分ほど。お店の経緯や内装のこと、もちろん髪のことも色々と。アトリエ物件を探している私としては(実はまだ地道に探してます…)聞きたいことだらけで。「中、見ます?」林さんのご厚意に甘え見せてもらった。元はカフェだったようで、土間に業務用のキッチンが装備され、なんとも羨ましい空間。お店の内装も白い壁に天井はむき出し、無骨な感じがまたいい。植物や味のある雑貨、たくさんの本、たくさんの楽器が並んでいた。そんな空間の中、鏡は見ず外の緑を眺めながら、話しながらのカット。とってもリラックスでき心地よかったな。カットの要望は好みだけを伝えてあとはお任せ。20センチくらいは切ったかな。好きな感じになって、大満足でした。
また来たいなぁ〜
そのあとは、林さんオススメのお店を色々教わり、ひとまずアカツキコーヒーで一服。それからうまい具合にかおりお姉ちゃんとコンタクトが取れ、お邪魔しに。ふいな展開にもいつも快く迎えてくれる。2歳の感ちゃんの通訳もしつつ、私の話にも抜かりなく耳を傾け、聞いてくれる。笑いも絶えず楽しい時間なのである。いつも時間が足りないー。
旦那のりょさんそっちのけでお姉ちゃんやキョロさん(数日前に偶然出会し、お好み焼きご馳走になり&友達との展示の打ち合わせにも参加。笑)と、遊び呆けている嫁。
ほんとみんなによくしてもらい(もちろんりょさんにも)感謝感謝!
[PR]
by muu-r | 2014-06-02 21:00 | くらし


日々 こめつぶな暮らし Ryoko Fujiwara 


by muu-r

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ

おしらせ
イラスト
くらし

infomation

以前の記事

2015年 11月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 06月
2014年 03月
more...

その他のジャンル

ブログジャンル

画像一覧